基準値と性年齢のグラフについて
基準値上限が示す標準値
標準値[115sv]が示す検査値
基準値下限が示す標準値
標準値[85sv]が示す検査値
 
検査値の分布
  • 検査(健診)値の分布図は縦軸に検査値、横軸に年齢を示しています。
  • グラフ(曲)線は上から各年齢での次の値を連結したものです。
                               SD:標準偏差
      ・平均+2SD :  120sv 
      ・平均+1SD :  110sv
      ・平均 :  100sv
      ・平均−1SD :  90sv
      ・平均−2SD :  80sv
  • グラフエリア中の横直線は基準値の上限と下限を表します。
  • 平均線を挟んだ階層色(赤紫・桃:薄青・黄)は次のとおりです。
    ・女性:赤紫、男性:薄青   [90sv]〜[110sv] 68%領域
  •     [90sv]〜[110sv](平均±1SD)の範囲には68%の人が属します。
        この領域内は、同性同年代でほぼ平均的な群に属しているといえます。 
  •   ・女性:赤紫+桃、男性:薄青+黄  [80sv]〜[120sv] 95%領域 
  •     [80sv]〜[120sv](平均±1SD)の範囲には95%の人が属します。
        [80sv]以下または[120sv]以上の)人は、それぞれに2〜3%しかいません。
  •     95%領域を外れると、かなり異端な検査値の群に属しているといえます。
 VisualHealth.Navi 標準値では
 平均 を 100sv
 1SD(標準偏差) を 10sv
で表しています。
右図の階層色の上段が女性、下段が男性上分布図の分布階層色に対応します
Visual Health.Navi  標準値 は 健康ポジション     
VisualHealth.Navi の標準値は、その人の検査(健診)値が、同性同年代の中で、平均からどの程度離れた(外れた)位置にあるかを示しています。いわば、検査値から同性同年代の中での健康ポジションといえます。
検査・健診項目に拘わらず平均を100としますので、各検査項目独自の基準値や単位などの知識は必要としません。検査項目に共通で標準値が100に近いほど、性別年令別に見た平均値に近いことを示しています。

上の図のように、100を平均として、80〜120(±2×標準偏差)の領域には95%の人が含まれ、同様に、85〜115(±1.5×標準偏差)の領域には85%の、90〜110(±1×標準偏差)の領域には68%の人が含まれることを表します。
85〜115(±1.5×標準偏差)の領域を健康基準範囲として。検査(健診)値がこの中に収まっていれば、性年齢別に見て【人並み】であると考える事ができます。
標準値:健康ポジション の利点
性、年齢別の基準により、
同じ年代のなかでの健康状態を知ることができる
  検査標準値が100であれば同年代で平均となります。平均±10以内であればそこには68%の人が、±15以内であれば同様に86%、±20以内であれば95%の人が存在することになります。
従って±20以上と言うことは、同じ性・年齢では5%程度、実際には上下別で2.5%の仲間しかいない異端な検査結果であることを示しています。
検査項目に共通の判定基準100で、
判定結果の持つ意味を誰もが理解できる
従来の検査値では基準値10で検査値が12である検査項目と、基準値5で検査値6である検査項目を並べて、どちらがより問題のある検査結果であったかなどを理解することは困難でした。基準値を「2」超えているとか「1」超えてている、共に基準値の120%の値である、という数値には何の意味もなく、これらの数値の持つ意味を理解することは大変に難しいことです。
標準値では検査項目に関わらず平均は100、標準値120であった検査項目は、標準値115であった検査項目に比べて問題のある検査項目であることを明確に理解することができます。
 基準値
基準値は通常、20〜60歳あたりの多数の健常者の検査(健診)値を集め、平均値を含む95%の範囲に含まれる値とされます。
検査(健診)値を、横軸に検査測定値、縦軸に分布頻度をプロットすると釣り鐘状の分布(正規分布)となります。
基準値はその平均値±標準偏差の2倍を範囲とし、基準値上限、基準値下限としています。
 
もともと健常者を対象とした検査値で、かつその95%領域を利用している訳ですから、基準値は病理的な絶対値では無く、統計により一定の分布範囲を目安としたものといえます。
 
 
    
上限値
年齢別に見た 基準値上限が示す標準値
基準値の定義では、「基準値とは一般的に臨床的検査学的に異常を示さない人を健常人と規定し、その示す数値を母集団として[平均値±2SD(標準偏差)]を求め、この範囲を基準範囲とする」とされています。

[平均値±2SD(標準偏差) : 100±20sv]の領域には95%の人が属しますから、この領域を外れる人は5%、上下を分けてみれば2.5%の人となり、これら上下2.5%の人を基準値範囲から外れるとして基準値上限・下限が設定されています。

従って、上限基準値が全ての年代(若齢期・中年期・老齢期)に適合した値であれば、左図のように[120sv]の目盛り線に前後しほぼ一直線にプロットされることになります。しかし、実際はそのようにはなりません。
左のグラフは、上限基準値が各年代で示す標準値をプロットしたものです。このグラフでは上限基準値が性年齢別に見てどの程度の位置になるかを見ることができます。上限基準値が[120sv]から大きくかけ離れている年代では、基準値を設定する際の[平均値±2SD]を基準範囲とする定義からは外れているといえます。

左図(クレアチニン)例
45歳男性では、上限基準値[1.1mg/dL]は標準値でほぼ[120sv]となり、前述の基準値の定義にジャストフィットしています。しかし、女性の65歳では上限基準値[0.8,g/dL]は標準値では[110sv]となり、この基準値上限[0.8,g/dL]では、基準値を外れる人が16%にも上ることになり、基準値の定義からはかけ離れていることを示しています。
  
◇ 年齢別に見た 標準値[115sv]が示す検査値
前項のグラフは「検査値から標準値」を見たものです。こちらは視点を逆転し「標準値から検査値」を換算しています。

各性・年齢で標準値[115sv]が示す検査(絶対)値をプロットし連結しています。検査値の上限基準値は[平均値+2SD(標準偏差) : 120sv]と定義されていますが、VisualHealth.Naviでは、健康状態に注意すべき値として上限を[115sv]とし、(平均値±1.5SD : 100±15sv)を[健康基準範囲]としています。

左図(クレアチニン)例
クレアチニンでは健康標準値[115sv]が示す検査値の年代による変動はあまり大きくありません。また、女性・男性共にそれぞれの上限基準値に前後して推移しています。
健康ポジション[115sv]の面から見ると、クレアチニンの上限基準値は、女性・男性共に全年代に渡ってほぼフィットしているといえそうです。
  
下限値
年齢別に見た 基準値下限が示す標準値
多くの検査では上限基準値が問題となることが多いようですが、総蛋白、アルブミン、HDL-C、ヘモグロビン、血小板などのように低値の場合に注意が必要な検査項目もあります。低値が問題となる検査項目では、下限基準値[平均値−2SD(標準偏差) : 80sv]が問題となります。

上限基準値の場合と同様に、全ての年代(若齢期・中年期・老齢期)に適合した下限値であれば、[80sv]の目盛り線に前後しほぼ一直線にプロットされることになります。
上限基準値同様に、実際にはそうなることはほとんどありません。
左のグラフは、下限基準値が各性・年齢で示す標準値をプロットしたものです
下限基準値が[80sv]から大きくかけ離れている年代では、基準値を[平均値±2SD]とする定義からは外れているといえます。

左図(HDL-C)例
男性では若齢期を除き全年代に渡って、下限基準値[40mg/dL]は標準値で[85sv]〜[90sv]の間をほぼフラットに推移しています。女性では高齢期を除けば同様に[85sv]〜[90sv]間を穏やかに推移しています。
しかし、下限基準値は定義上[80sv]近辺に設定されていると考えると、女性・男性共にHDL-Cの下限基準値は、統計的にはもう少し緩やかでもよいかも知れないことを表しています。
   
◇ 年齢別に見た 標準値[85sv]が示す検査値
前項のグラフは「検査値から標準値」を見たものです。こちらは視点を逆転し「標準値から検査値」を換算しています。

各性・年齢で標準値[85sv]が示す検査(絶対)値をプロットし連結しています。検査値の下限基準値は[平均値−2SD(標準偏差) : 80sv]と定義されていますが、VisualHealth.Naviでは、健康状態に注意すべき値として上限を[85sv]とし、(平均値±1.5SD : 100±15sv)を[健康基準範囲]としています

左図(HDL-C)例
HDC-Cを例に標準値[85sv]を検査(絶対)値に換算した場合の値を、年代性別にプロットしています。女性の高齢期を除けば、女性・男性共に全年代に渡ってフラットで、それぞれ下限基準値に近い値を示しています。HDL-Cの下限基準値は、健康ポジション[85sv]の面から見ると、下限基準値は、女性・男性共に全年代に渡ってほぼフィットしているといえそうです。
 
問題のある基準値の例
中性脂肪(女性)
基準値上限と各年齢での平均+2SD値(120sv)が大きくかけ離れています。
空腹時血糖(男性)
基準値上限と各年齢での平均+2SD値(120sv)が大きくかけ離れ、中年以降では平均に近い値となっています。